ペパボ研究所

研究開発成果

2018年度

国際会議論文

  1. Ryosuke Matsumoto, Kenji Rikitake, Kentaro Kuribayashi, Large-scale Certificate Management on Multi-tenant Web Servers, The 6th IEEE International COMPSAC Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks and Applications (ADMNET 2018), ADMNET 3, Jul 2018. (to appear)

国内査読無し論文

  1. 松本 亮介, 小田 知央, 笠原 義晃, 嶋吉 隆夫, 金子晃介, 栗林 健太郎, 岡村 耕二, 精緻に制御可能な恒常性のある高集積マルチアカウント型のメール基盤, マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム, 7C-1, Jul 2018. (to appear)
  2. 栗林 健太郎, 三宅 悠介, 松本 亮介, なめらかなシステムを目指して, マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム, 4B-3, Jul 2018. (to appear)
  3. 松本 亮介, 中田 裕貴, 栗林 健太郎, 接続待ちソケット生成前のプロセスイメージを利用したWebサーバの汎用的な起動時間短縮手法, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-42, pp.1-8, Jun 2018. (to appear)
  4. 三宅悠介, 松本 亮介, Sanny: 大規模ECサイトのための精度と速度を両立した分散可能な近似近傍探索エンジン, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-42, pp.1-8, Jun 2018. (to appear)
  5. 松本 亮介, 田中 諒介, 栗林 健太郎, HTTPリクエスト単位でコンテナを再配置する仮想化基盤の高速なスケジューリング手法, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-41, pp.1-8, May 2018. [論文] [発表資料]
  6. 野村 孔命, 力武 健次, 松本 亮介, Webアプリケーションテストを用いたSQLクエリのホワイトリスト自動作成手法, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-41, pp.1-8, May 2018. [論文] [発表資料]
  7. 財津 大夏, 三宅 悠介, 松本 亮介, ハンドメイド作品を対象としたECサイトにおける大量生産品の検出, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-41, pp.1-8, May 2018. [論文] [発表資料]
  8. 近藤 宇智朗, 松本 亮介, 栗林 健太郎, Haconiwa: プログラムによる,組み立て可能性と拡張性を持つLinuxコンテナ, 情報処理学会第80回全国大会, 2D-04, Mar 2018. [論文] [発表資料]
  9. 笠原 義晃, 松本 亮介, 近藤 宇智朗, 小田 知央, 嶋吉 隆夫, 金子晃介, 岡村 耕二, 軽量コンテナに基づく柔軟なホスティング・クラウド基盤の研究開発と大規模・高負荷テスト環境の構築, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-40(2), pp.1-6, Feb 2018. [論文] [発表資料]
  10. 松本 亮介, 小田 知央, 笠原 義晃, 嶋吉 隆夫, 金子晃介, 栗林 健太郎, 岡村 耕二, 精緻に解析可能な恒常性のあるメール基盤の設計, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-40(17), pp.1-6, Feb 2018. [論文] [発表資料]
  11. 吉川 竜太, 松本 亮介, Webサービスの信頼性と運用の自動化について, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-40(24), pp.1-1, Feb 2018. [論文] [発表資料]

口頭発表

  1. 松本亮介, キャリアキーノート, 新卒研修2018, 2018年5月. (to appear)
  2. 松本亮介, Design pattern for embedding mruby into middleware, RubyKaigi 2018, 2018年5月. (to appear)
  3. 財津大夏, キャリアキーノート, 新卒研修2018, 2018年5月.
  4. 三宅悠介, Go言語でオンライン外れ値検出エンジンSmartSifterを実装した, Fukuoka.go#10, 2018年3月.
  5. 松本亮介, Webサーバの高集積マルチテナントアーキテクチャに関する研究, GMOペパボ株式会社社内講義, 2018年3月.
  6. 近藤宇智朗, エンジニアリングと研究のつながり, 九州大学講義, 2018年3月.
  7. 松本亮介, なめらかなシステムを目指したペパボ研究所の取り組みと研究紹介, 九州大学ペパボ研究所説明会, 2018年3月.
  8. 財津大夏, ウェブサービスにおける行動ログ活用基盤を通したデータ駆動マーケティングの実践, TREASURE DATA “PLAZMA”, 2018年2月.
  9. 三宅悠介, ペパボにおける研究所の役割 - 研究と開発の相乗効果, 第一回香川大学SLP特別講義, 2018年1月.

2017年度

博士学位論文

  1. 松本 亮介, Webサーバの高集積マルチテナントアーキテクチャに関する研究, 京都大学博士学位論文, 2017. [論文] [発表資料]

ジャーナル論文

  1. 松本 亮介, 栗林 健太郎, 岡部 寿男, リクエスト単位で仮想的にハードウェアリソースを分離するWebサーバのリソース制御アーキテクチャ, 情報処理学会論文誌, Vol.59, No.3, pp.1016-1025, Mar 2018. [論文]
  2. 松本 亮介, 栗林 健太郎, 岡部 寿男, Webサーバの高集積マルチテナントアーキテクチャと運用技術, 電子情報通信学会論文誌B, Vol.J101-B, No.1, pp.16-30, Jan 2018. [論文]

国内査読付き論文

  1. 松本 亮介, 近藤 宇智朗, 三宅 悠介, 力武 健次, 栗林 健太郎, FastContainer: 実行環境の変化に素早く適応できる恒常性を持つシステムアーキテクチャ, インターネットと運用技術シンポジウム2017論文集,2017,89-97(2017-11-30), Nov 2017 [論文] [発表資料]

国内査読無し論文

  1. 松本 亮介, 平原 正裕, 三宅 悠介, 力武 健次, 栗林 健太郎, 高集積マルチテナントWebサーバの大規模証明書管理と実運用上の評価, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2017-IOT-39(13), pp.1-8, Sep 2017 [論文] [発表資料]
  2. 松本 亮介, 近藤 宇智朗, 三宅 悠介, 力武 健次, 栗林 健太郎, FastContainer: Webアプリケーションコンテナの状態をリアクティブに決定するコンテナ管理アーキテクチャ, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2017-IOT-38(14), pp.1-8, Jun 2017 [論文] [発表資料]
  3. 三宅 悠介, 松本 亮介, 力武 健次, 栗林 健太郎, アクセス頻度予測に基づく仮想サーバの計画的オートスケーリング, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2017-IOT-38(13), pp.1-8, Jun 2017 [論文] [発表資料]
  4. 松本 亮介, 三宅 悠介, 力武 健次, 栗林 健太郎, 高集積マルチテナントWebサーバの大規模証明書管理, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2017-IOT-37(1), pp.1-8, May 2017 [論文] [発表資料]
  5. 三宅 悠介, 松本 亮介, 力武 健次, 栗林 健太郎, 特徴抽出器の学習と購買履歴を必要としない類似画像による関連商品検索システム, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2017-IOT-37(4), pp.1-8, May 2017 [論文] [発表資料]
  6. 松本 亮介, 田平 康朗, 山下 和彦, 栗林 健太郎, 特徴量抽出と変化点検出に基づくWebサーバの高集積マルチテナント方式におけるリソースの自律制御アーキテクチャ, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2017-IOT-36(26), pp.1-8, Feb 2017 [論文] [発表資料]

口頭発表

  1. 松本亮介, 実行環境の変化に素早く適応できる恒常性を持つシステムアーキテクチャ, 第一回 Webシステムアーキテクチャ研究会, 2017年12月.
  2. 三宅悠介, 分散アプリケーションにおける複数端末利用を考慮したプライベートデータの管理, 第一回 Webシステムアーキテクチャ研究会, 2017年12月.
  3. 松本亮介, 第2部:福岡で活躍するエンジニア4名によるパネルディスカッション, はてな×さくら「エンジニア大忘年会」, 2017年12月.
  4. 松本亮介, 200万ドメインのHTTPS化を見据えた大規模証明書管理アーキテクチャ, 2017年 CKP-QGPOP合同研究会, 2017年12月.
  5. 松本亮介, 小田 知央, 笠原 義晃, 嶋吉 隆夫, 岡村 耕二, 精緻に解析可能な恒常性のあるメール基盤の設計, 2017年 CKP-QGPOP合同研究会, 2017年 12月.
  6. 三宅悠介, 世代別「働き方」パネルディスカッション, 福岡ゆるっとIT交流会 vol.1「30~44歳向け交流会」, 2017年11月.
  7. 松本亮介, 200万ドメインのHTTPS化を見据えたmrubyによる大規模証明書管理アーキテクチャ - サーバ台数を100分の1にする技術, 福岡Ruby会議02, 2017年11月.
  8. 松本亮介, 研究者とエンジニアが交わるその先へ, 公立はこだて未来大学 ITアーキテクチャ特論, 2017年11月.
  9. 松本亮介, なぜ論文を書くのか, エンジニア研修座学, 2017年10月.
  10. 松本亮介, ペパボ福岡での「体感」を向上させる Webサービス基盤技術に関する取り組み, 【福岡U・Iターン希望者向け】エンジニア向けトーク&相談会@東京, 2017年10月.
  11. 松本亮介, 三宅悠介, 栗林健太郎, トークセッション 「はてなシステム vs なめらかなシステム」, ペパボ・はてな技術大会〜インフラ技術基盤〜@福岡, 2017年10月.
  12. 三宅悠介, Go in production - case of Gannoy -, Fukuoka.go#9, 2017年10月.
  13. 力武健次, ユーザから見たグローバルIPv6化 ホスティングプロバイダへの要望, Hosting Casual Talks #4, 2017年9月.
  14. 松本亮介, 200万ドメインのHTTPS化に向けて, Hosting Casual Talks #4, 2017年9月.
  15. 松本亮介, AIを活用したネットワーク運用技術 パネル討論, 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会 BT-2. AIを活用したネットワーク運用技術 情報通信マネジメント研専, 2017年9月.
  16. 松本亮介, なめらかなシステムに向けたWebサービス基盤技術とAI技術の活用 ペパボ研究所によるWebサービスのユーザ体感と技術者体感に関する研究, 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会 BT-2. AIを活用したネットワーク運用技術(情報通信マネジメント研専, 2017年9月.
  17. 松本亮介, トークセッション Question for Matz, 軽量Ruby普及・実用化促進フォーラム2017, 2017年9月.
  18. 三宅悠介, ペパボ研究所 福岡研究開発シティ宣言 トークセッション, ペパボナイト in FGN, 2017年7月.
  19. 力武健次, なぜペパボ研究所で研究しているのか, ペパボ研究所 優しい発表会, 2017年7月.
  20. 三宅悠介, ペパボ研究所がOneLoveな理由, ペパボ研究所 優しい発表会, 2017年7月.
  21. 三宅悠介, Mutual exclusion in Golang - Go言語での排他制御 -, Geeks Who Drink in Fukuoka -Go Go Golang Edition!-, 2017年6月.
  22. 松本亮介, ユーザー体感を向上するWebサービス基盤技術に関する研究, 九州大学サイバーセキュリティセンター向け研究紹介, 2017年6月.
  23. 松本亮介, エンジニアの生き方いろいろ ~なぜ僕たちはコードを書いて生きるのか~, 官民協働型スタートアップ施設「FUKUOKA growth next」のオープニングイベント エンジニアセッション, 2017年4月.
  24. 松本亮介, ペパボ研究所 キャリアキーノート2017 技術者と研究者の狭間で得たたったひとつの教訓, 2017年度GMOペパボ新卒研修, 2017年5月.
  25. Kenji Rikitake, Writing A New Erlang/OTP Module for Beginners, Erlang and Elixir Factory SF Bay Area 2017 [発表ビデオ(YouTube)]
  26. 三宅悠介, Google Cloud ML を用いた機械学習基盤の構築と運用, GCPUG Fukuoka 5th 〜Machine Learning 祭〜, 2017年1月.

学会誌・商業誌等解説

  1. 松本亮介, 企業におけるエンジニアリングと研究開発, エンジニア向け求人フィード型転職サイトGeekOut, 2017年12月.
  2. 三宅悠介, 実践! 先進的インフラ運用 ── 検索してもでてこない,ホスティングの現場で培ったノウハウ【第4回】サービス改善につながるログ活用基盤の構築, WEB+DB PRESS Vol.102, pp.148-155, 技術評論社, 2017年12月23日.
  3. 松本亮介, 100号記念選書 TOPエンジニアを支える1冊 超豪華23名!, WEB+DB PRESS Vol.100, pp.2-7, 技術評論社, 2017年8月24日.
  4. 松本亮介, Think IT 編集部, エンジニアのためのAI入門 第2部 事例編:AI最前線の現場から ~業界別AIへの取り組み GMOペパボ AIでWebシステムを自律制御する「なめらかなシステム」の取り組み, インプレス Think IT 編集部, 2017年7月.
  5. 松本亮介, レンサバの常識を覆す「なめらかなシステム」に挑む──運用技術を学術研究して実際のサービスへ適用, はてなニュース Web・IT, 2017年1月.

助成金・研究費等

  1. 松本亮介, 小田知央, 近藤宇智朗, 笠原義晃, 岡村耕二, 嶋吉隆夫, 金子晃介, mrubyを利用した軽量コンテナクラウド基盤の研究開発を介したmrubyの大規模・高負荷テスト, 2017年度Ruby Association開発助成, 2017年10月.
  2. 松本亮介, 小田知央, 近藤宇智朗, 笠原義晃, 岡村耕二, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 軽量コンテナに基づく柔軟なホスティング・クラウド基盤の研究開発と大規模・高負荷テスト環境の構築, 国立情報学研究所 NIIクラウド実証実験, 2017年7月.

プレスリリース

  1. 松本亮介, 近藤宇智朗, 小田知央, 笠原義晃, 岡村耕二, 嶋吉隆夫, 金子晃介, ペパボ研究所 × 九州大学 情報基盤研究開発センター コンテナ型仮想化技術によるクラウドホスティングの共同研究開発を開始  ~より頑健で柔軟なホスティングサービスの実現を目指す~, GMOペパボ株式会社, 九州大学情報基盤研究開発センター, 2017年10月.
  2. ペパボ研究所 × 九大TLO 産学連携の取り組みについて検討開始 ~福岡市を『イノベーションが生まれる研究開発シティ』に~, GMOペパボ株式会社, 株式会社産学連携機構九州, 2017年7月.

2016年度

受賞・表彰

  1. 第8回 フクオカRuby大賞 奨励賞, 松本亮介, HTTPサーバを支えるmruby, 2016年2月.

国内査読無し論文

  1. 松本 亮介, 栗林 健太郎, 特徴量抽出と変化点検出に基づくWebサーバリソースの自律制御アーキテクチャ, インターネットと運用技術シンポジウム2016論文集(IOTS2016), Vol.2016, pp.101, Dec 2016 [発表資料]

口頭発表

  1. 松本亮介, FastContainerアーキテクチャ概論, GMOペパボ ホスティング技術カンファレンス@東京・大阪~破壊的イノベーションをおこす革新的技術~, 2016年12月.
  2. 松本亮介, 自律制御しながら動的平衡状態の系を作るWebシステムとその未来, 軽量Ruby普及・実用化促進フォーラム2016, 2016年8月.
  3. 松本亮介, ペパボ研究所創設について, HosCon - GMO Hosting Conference - @福岡, 2016年7月.
  4. 松本亮介, 自律制御するWebサービス基盤の権限分離と性能の両立, ペパボ・はてな技術大会@福岡, 2016年7月.
  5. 松本亮介, Webサービス基盤の自律制御と動的平衡性, はてな・ペパボ技術大会@京都, 2016年7月.
  6. 松本亮介, 技術者と研究者の狭間で得たたったひとつの教訓 2016, 新卒研修キャリアキーノート2016, 2016年6月.
  7. 松本亮介, ロリポップ!で目指すPHPのためのセキュリティと性能要件を同時に満たすサーバホスティング技術, PHPカンファレンス福岡2016, 2016年5月.
  8. 松本亮介, なめらかなシステムのアイデアと概要設計: 生命の観点からWebシステムを解釈する, e-ZUKA Tech Night, 2016年5月.
  9. 松本亮介, セキュリティと性能要件を同時に満たすサーバホスティング技術の最新動向, 第39回インターネット技術第163委員会研究会 -ITRC meet39-, 2016年5月.
  10. 松本亮介, cgroupとLinux Capabilityの活用 - rcon and capcon internals, 第9回 コンテナ型仮想化の情報交換会@福岡, 2016年4月.
  11. 松本亮介, なめらかなシステム: 人工知能はホスティングサービスの暗闇も救う, GMO HosCon -Hosting Conference- @大阪, 2016年4月.
  12. 松本亮介, モデレータ:GMOグループトークセッション:国内シェア54%を支えるGMOホスティングの裏側, GMO HosCon -Hosting Conference- @大阪, 2016年4月.
  13. 松本亮介, なめらかなシステム: 人工知能はホスティングサービスの暗闇も救う, GMO HosCon -Hosting Conference- @渋谷, 2016年4月.
  14. 松本亮介, エンジニアトークセッション「ペパボ福岡でたずさわる最高のエンジニアリング」, ペパボ福岡で働く~エンジニア・ディレクター向けトーク&相談会 in大阪~, 2016年3月.
  15. 松本亮介, 人工知能はWEBサーバーの暗闇を救う, IPSJ-ONE 2016, 2016年3月.
  16. 松本亮介, ペパボ福岡の技術的強み なぜ今エンジニアはペパボ福岡で働くべきなのか, 【人気都市・福岡で働く!】移住にまつわるエトセトラ〜エンジニア・ディレクター向けトーク&相談会〜, 2016年2月.
  17. 松本亮介, HTTP/2とmrubyの活用 HTTP/2時代のサーバ設定になぜmrubyが必要か, 第2回技術共有会, 2016年1月.
  18. 松本亮介, PFSを考慮したTLS終端とngx_mrubyによる大量ドメイン設定の効率化 nginxにおける大量ドメインの証明書を動的に処理する方法, 第1回技術共有会, 2016年1月.

学会誌・商業誌等解説

  1. 松本亮介, 探しに行こう自分の場所 - 企業と学術研究の交差点で、高みを目指す, リバネス情報誌 学部・院生のための研究キャリア・就活情報誌『incu・be』vol.35, 2016年12月.
  2. 松本亮介, 人工知能がウエブサーバの異常状態を見つけ、サーバ管理者を救う~これってもはや生命?, 河合塾みらいぶプラス, 2016年10月.
  3. 松本亮介, 自らを管理できる、生命のように見えるインターネット技術の研究開発に挑む 松本亮介先生インタビュー, 河合塾みらいぶプラス, 2016年10月.
  4. 松本亮介, 栗林健太郎, GMOペパボ、AIでサーバー運営効率高める次世代型システム開発へ, 日刊工業新聞 ロボットニュース, 2016年8月.
  5. 松本亮介, 栗林健太郎, AI最前線の現場から【GMOペパボ】「なめらかなシステム」の取り組み, 連載:ディープラーニング・人工知能 最前線 2016, 2016年7月.
  6. 松本亮介, 栗林健太郎, 「GMOペパボ研究所」設立、ガチな学術研究でホスティングサービス差別化、所長・栗林健太郎氏、主席研究員・松本亮介氏, INTERNET Watch トピック 業界動向 企業 インタビュー, 2016年7月.
  7. 松本亮介, 【特別企画】 快適・低価格・安全を実現した"次世代ホスティング"の秘密に迫る!, マイナビニュースIT企業 セキュリティ特別企画, 2016年5月.

プレスリリース

  1. GMOペパボが「ペパボ研究所」を設立 ~生命維持機能をインターネットサービスに応用した「なめらかなシステム」の実現を目指す~, GMOペパボ株式会社, 2016年7月.

2015年度

受賞・表彰

  1. Ruby Prize 2015 候補者, 松本亮介, 松本氏は昨年度のRubyPrizeファイナルノミネート後も精力的に mruby 組み込みの Web サーバーの開発を続けてます。今年はさらに HTTP/2 サーバーである h2o に mruby handler を組み込むなど、RubyPrize にふさわしい, 2015年9月.

口頭発表

  1. Ryosuke Matsumoto, The future of mruby in HTTP Server, RubyKaigi 2015, Dec 2015.
  2. 松本亮介, mruby in HTTP server, connect HTTP/1 and HTTP/2 servers, 第1回 Hacker Tackle, 2015年9月.
  3. 松本亮介, Middleware Configuration as Code, 第68回 Ruby関西 勉強会, 2015年8月.
  4. 松本亮介, 軽量Rubyの開発に携わった技術者と実際に軽量Rubyを活用している技術者によるトークセッション, 軽量Ruby普及・実用化促進ネットワーク設立記念講演会・交流会, 2015年7月.
  5. 松本亮介, ペパボのインターネット基盤技術研究・開発の活動, 第2回ペパボテックカンファレンス【福岡】, 2015年7月.
  6. 松本亮介, Webオペレーションエンジニアのアウトプットと開発力, 2015年インフラエンジニア教育, 2015年4月.

著作権に係る注意事項

情報処理学会に投稿された論文の著作権について: 論文の著作権は情報処理学会に帰属します。論文は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願い致します。

About the copyright of the paper submitted to the Information Processing Society: The copyright of the paper is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). The paper is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.